医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院

greetings理事長ごあいさつ

米倉 徹 理事長 院長 近影

2012年2月2日に米倉脊椎・関節病院を開院しました。
整形外科は首・頸部から足趾まで広範囲にわたる運動器疾患の治療を行う診療科で、治療対象は骨折、脱臼、捻挫などの外傷と脊椎や関節の加齢、変性による疾病に二分されます。
当院は主に頚や腰の痛み、手足のシビレの原因となる脊椎疾患と膝や股関節などの関節疾患を治療する整形外科の病院です。
現在でもほとんどの病院ではほぼ全身にわたる外傷や疾病を限られた人数の整形外科の医師やスタッフで治療しています。
専門外の症例では消極的治療になったり、あまり得意でない手術をする場合もあります。このような診療体制は治療を受ける側に不利益なだけでなく、スタッフの教育も十分に行えず、医療の発展を妨げていると考えていました。
今後、医療の機能分化が求められる中で、治療を受ける人、また働こうとする人にわかりやすいという観点から脊椎・関節病院と命名しました。1.5テスラMRIや16列マルチスライスCT、DEXAによる骨密度検査などの機器で診断し、各医師が薬物療法やリハビリテーションから各種神経ブロック、手術まで系統的に治療を行います。

また区内での診療経験を活かし、近隣医療機関と密に連携を取り、症状が改善しない場合は、より専門的な治療を行い、症状が改善すれば逆紹介も行っています。
回復期リハビリテーション病棟を併設しており、入院期間がやや長くなる人工関節手術や早期退院が困難な一部の脊椎手術例は回復期リハビリテーション病棟に移り、いわゆる健康寿命の維持・延伸を目指しています。 回復期リハビリテーション病棟の有効な運用により手術待ち期間も短縮できると考えています。
さらに他院手術後のリハビリテーションや脊椎圧迫骨折例なども受け入れています。 時間的、経済的にもロスの少ない医療により職員の業務も円滑になり、院内にいる全ての人の笑顔が絶えない病院作りを目指して行く所存であります。

理事長 米倉 徹

理事長経歴

1978年
開成高校 卒業
1985年
東邦大学医学部 卒業
1985年
東邦大学医学部整形外科 入局
1992年
Johns Hopkins大学 (Baltimore, USA) 留学
1998年
東邦大学医学部整形外科講師
2004年
水野記念病院整形外科部長
2008年
いずみ記念病院整形外科部長
2010年
井上病院整形外科医長
2012年
米倉脊椎・関節病院院長
2018年
医療法人社団 健整会 理事長

資格・認定医など

第79回医師国家試験合格
日本整形外科学会認定整形外科専門医
身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
医学博士
日本医師会認定産業医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
   
TOP